四畳半で密着3Pお泊り会! あらすじ ①

主人公の賢一に幼馴染の麗美が「お泊り会?」をやろうと相談にやってきました。

賢一:「お泊り会?」と賢一
麗美:「いいじゃん賢一 一人暮らしなんだし」
ハァ・・・!
賢一:「いつも俺の部屋をたまり場にしやがって」

麗美:「いいじゃない別に減るもんじゃないし」
ポカーン!
麗美:「あんたのアパート学校近いから都合いいのよ」
賢一:「あのなぁ! こんな狭いところに3人も泊まれるか?!」
麗美:「詰めれば余裕でしょ?ねぇ?」

そして麗美は賢一の面倒見てあげてるんだから幼馴染の言うことを聞けと
賢一をスリーパーホールドしながら言うと・・・

麗美が2人の間に入ってきます。
そして
ゆかり:「ダメだよ!あんまりらんぼうしたら・・」
ゆかり:「実は、私も泊ってみたいかも・・なんて」
賢一:「ゆ ゆかりちゃん!」

そんな3人の会話があり、賢一は、ゆかりちゃんが、そう言うならと2人が泊ることを許してしまいます。

そんな話で『四畳半で密着3Pお泊り会!」が始まりました。

賢一の部屋にやって来た2人は、早速、
シャワーが浴びたいといいだします。
供用で狭いからと、一人づつ入ることに。

麗美がゆかりに先に入るように言います。
ゆかり:「いいの!?」
麗美:「いいのいいのその間こいつで遊んでいるから」
ゆかり:「ありがとう」

そう言って、ゆかりはシャワーを。麗美と賢一はプロレスごっこで遊んでいましたが、
賢一は、トイレに行きたくなって部屋を出ます。

そしてアパートのトイレの隣は、お風呂場です。
どうしても気になる賢一! 隣で裸のゆかりちゃんが・・・
そう思っていた時、お風呂場からゆかりちゃんに呼び止められます。
シャンプーを外に忘れたので取ってほしいということでした。

ゆかり:「賢一くん?」
賢一:「はいっ!」
ゆかり:「良かった。そこにシャンプーない?」
賢一:「あっ あるよ」
ゆかり:「ごめん 取ってもらっていい?」
賢一:「はい・・これ・・」「あれっ?!」

すこしあいたドアの隙間にゆかりちゃんのオッパイが!!

裸のゆかりちゃんを見たい気持はあるが、見ないようにゆかりちゃんにシャンプーを渡そうとしたのですが、
足が滑って、お風呂場のゆかりちゃんに覆いかぶさるように転んでしまいました。

賢一の目の前にはゆかりちゃんの美乳が!!

ゆかりちゃんは恥ずかしそうに顔が真っ赤になって!!

どうする?! 賢一?!

四畳半で密着3Pお泊り会!1話 突っ込み

1、JKのお泊りを簡単に許すの親は?
2、共同トイレと風呂の安アパートに今時のJKが泊りますか?
3、裸の上にまたがった賢一に対して大声で叫ばないゆかりちゃんの態度は?

賢一のお泊り会を断る理由もわからないですね。こんなに可愛い2人のJKなら喜んで普通は泊めますけどね。

続きはまた。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ